ほくろ除去、ホクロ取り

参考 ハイドロキノン クリーム

ホクロの種類・色・青ほくろはガンコ、茶、黒は?
ホクロを見てみると、小さなものから、大きなもの、盛り上がっているものもあると思います。ほくろなのかシミなのか見分けがつかないものもあるのではないでしょうか。黒いほくろもあれば、シミと見間違えてしまうほど薄く茶色いものもあると思います。ほくろを取ろうとして、爪で引っ掻いたと話しを聞いたことがありますが、引っ掻いたりすると、それまでのほくろよりも色が濃くなってしまったり、大きくなってしまうこともあるというので要注意です。ほくろの位置によっては気になってしまうこともありますが、あまり刺激にならないように触らないようにしましょう。さて、ほくろには茶色のほくろや黒色のほくろなどがあるとお話しましたが、どちらの法ががんこなほくろと言えるのでしょうか。結果からお話すると、茶色のほくろよりも黒色のほくろの方ががんこのようです。というのも黒色のほくろの方が深いのです。皮膚は表皮、真皮、皮下組織から成り立っているのですが、黒色のほくろの場合は、真皮のあたりまで入っていることが多いからなのです。皮膚の構造から見てみると、よりがんこさがわかると思います。ほくろは体のいろいろな所にできますが、ほくろから毛が生えていたという経験がある人も中にはいると思います。初めて見た時はびっくりしてしまいますが、このほくろから出ている毛は皮膚構造などから考えると皮下組織から出ていると言えるでしょう。皮膚の構造などと一緒に見てみるとほくろの特徴というものがよくわかりますね。
タグ:ホクロ 美容

幣サイトについて

【免責事項】より正確な情報を提供することに努めていますが、個人差がある美容ですので
最終的な判断はご自身によるものとさせて頂きます。よって当サイトを利用、閲覧したことによる
被害、損失、トラブル等全ての責任は負いかねますのでご了承ください。

タグ:美容
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。